院長ブログ

カバフグ釣行記Ⅱ-14

2017/01/04


 あけ・おめ・こと・よろです。今年も釣行したら書くようにしますね。
 まずは昨年の話、どちらも一人で12月21日に太刀魚、25日に一つてんや真鯛、明けて3日には高橋君と太刀魚へ行ってきました。
 21日は定宿の中山丸でした。カバフグとしては、太刀魚自体は余り好みの食味ではないのですが、釣り道具屋のカレンダーが2つ(診療所用と自宅用)どうしてもほしかったので、小型の電動リールと手榴弾型のバッテリーを買ってしまいました。買った以上何か釣り物にふさわしいものをと考えたところ、前回の太刀魚釣りで振り続けと巻き上げで、かなり閉口してしまい、最後の頃はモーーやらないと連発していたにもかかわらず、電動ならどうだと太刀魚としちゃった訳です。
 当日朝からピーカンで、天気予報でも暖かいとのことでしたので、晩秋バージョンの格好で行ったにも関わらず、11時過ぎには、上はTシャツ一丁(因みにカバフグだけでした)で釣るほどでした。
  今回比較的胴に乗るタイプの柔らかめのものを選択したため、しゃくり、フッキングが難しく、見かねて、兄ちゃん船長が、振り方を教えてくれました。その甲斐あって、そこそこ数も伸びました。しかし、今回、テンビンごと仕掛けを2回ロスト、針のチモトからのバラシを10回以上予備に買っていった換え用の針をすべて使い切り、船長からテンビン・仕掛けを買う始末。とにかくあいつらの歯と来たら鋭利で良く切れる。用心していても気がつかない間にいつの間にか指先が血だらけというぐらい切れます。
  さて釣果の方は、あれだけ針をロストしたにもかかわらず、指幅4本以上(太刀魚のサイズはよく指幅で表現され、3本以下だと食るところが少なく骨ばっかりという感じで、4本になってくると1メーター前後はあり刺身でもいけるほど)がほとんどで21本。この日に限って、控えめに21リッターの小さいクーラーを持って行ったため、頭としっぽを落としてもクーラーの中に納まるのは『ロ』の字型。この日ばかりは35リッターを持ってくるんだったなと後悔。行きつけの渓さんにも7・8本お裾分けし、うちでは1本を刺身と塩焼きでウマウマしました。後は冷蔵庫に・・・。

 25日は日立の釣友丸へ行ってきました。ここの大船長は1年中鯛狙いの方で、日立の海を知り尽くしています。
  申し込み順で座席を選べ5番目だったのですがなぜか大好きな右の大艫へ。こいつは幸先よしと思いつつ風も殆ど無く、うねりがありましたが波も無く、真冬の日立とは思えないぐらい暖かなピーカン。上潮はパラシュートアンカーがぜんぜん効かないにもかかわらず、40・60・66メートルでも潮がカッ飛んでいて10号ブラスα一つテンヤでは底立ちを取るのも難儀。20メートルぐらい潮上前方に投げても底に付くのは左舷より左。テンヤを回収してもいつもえさが付いたまま。船中殆ど竿が曲がった気配無し。外道のフグ君も冬眠中の様子。結局カバフグは、1キロ弱を1枚とチンチンのリリースサイズを1枚(何枚も上がっていればリリースだったが、うちのと2人で食べる鯛飯にちょうど良い大きさのため持ち帰りウマウマ。)、フグ君1。鯛君フグ君は、薄造りにして刺身&シャブシャブてこ満悦でした。
 30日にも釣行を考えていたのですが、その間に忘年会が2つあり体調不良で行けず終い。25日が納竿となってしまいました。
  いつも文章ばかりだとの指摘があり、今回は帰宅後に写真を撮りましたのでアップします。

25日の釣果。小さい奴は鯛飯に・・・。

25日の釣果170104.jpg

まずまずの美しい真鯛

真鯛170104.jpg

 3日は釣り始めと言うことで、中山丸へ。満船状態の3ばいだし。久里浜沖へ直行。太刀魚狙いの大船団の中へ突入。棚幅は5メートルぐらいを振りっぱなし。しかし深さは155から浅くても120ぐらい、アベレージで140前後を狙うという電動がなかったらぜんぜんだめという代物。前回は猿島と走水の間の深くて70メートルだったからそりほどでもなかったが、今回はきつかったぁーーー。船中でもオマツリだらけだし、さらに船団の前の方で切られて流されてきた糸も相まってゴチャゴチャ。挙げ句の果てにカバフグは50メートルも一気にライクブレーク。釣っている時間の4分の1はオマツリ対策ってな感じ。当たっていてもなかなか食い込まず食わせても途中でばれることしばしば。何とか20本ほどつり上げたが、サイズがーーー。指4本以上が何とか7・8本。後は3本以下のどうやって食うンだぁーサイズがほとんど。
 帰宅後大きめな奴を4等分し、一つを刺身、2つを塩焼き、しっぽ側を素焼きにして寅用に調理し食してみたが、喜んだのは塩焼き大絶賛のうちの奥さんと寅だけ。カバフグには、塩焼きは塩味だけ、刺身はマッタリとはしていても旨味を感じない。残りはうちの奥さんの塩焼きと寅のマンマになりそう。カバフグはやっぱり鰺・フグ・鯛・烏賊だなぁーー。

ページトップへ