院長ブログ

カバフグ釣行記Ⅱ-5

2016/06/09


PCの調子が余り良くなく修正してもらうのに手間取り、アップが遅れてしまいました。
 又、ホームページも一部変更をしましたので宜しくお願い致します。
 カバフグは、次男坊の篤の勤めている院長先生ご夫妻とスタッフ・ご友人等女性4名含め総勢10名(本来は12名のはずだったが・・・。)で定宿の川崎の中山丸へ仕立ての鰺釣りに行ってきました。
 7時少し廻ったぐらいで出船。殆どの方は船に乗って釣りするのは初めてとのこと。幸浦(富岡)沖で8時頃から釣り初めて、最初は、右舷の方達を中心に(女性陣が3名いたため)仕掛けのセッティング・赤タンの付けかた・コマセの入れかた・竿の持ちかた・そこ立ちの取りかた・棚を切ってコマセの巻きかた・竿先の位置のを一定に保ちかたなどをお教えしながらも、あちこちでぽちぽちと釣れていた。カバフグはあっち行ったりこっちに行ったりで殆ど釣ってなかったが、取りあえずッ抜け。9時半前後の潮止まりの前後1時間ぐらいは余り釣れなかったが、2・3カ所でアンカーリングして最後の1時間ぐらいは入れ食い状態。あっちこっちで、「きたぁーーー。」の声。一荷が来たときは大はしゃぎ。
 釣果としては、殆どの方がッ抜けして、特に2人の女性は25匹前後と大活躍。カバフグは船中を走りまくりながらも45匹と皆さんの食事分ぐらいは確保。トータル鰺君180オーバーかな。外道が寂しくイシモチ君が3匹止まり。キスもなければ、サバもなし。
35リッターのクーラーが蓋をやっと閉められるぐらいでした。
 1時に沖上がり、カバフグ宅へ全員が着いたのは3時過ぎぐらい。うちでは、鰺の裁き方教室。塩焼き・アジフライ・骨せんべい・刺身・タタキ・なめろうをメインに大宴会。 寅も初めてたくさんの人たちの来客で嬉し嬉し。
  楽しい一時でしたが、カバフグはお疲れさんでした。

篤の勤務先の院長先生ご夫妻と仲間達の集合写真。その間カバフグは、船上をぐるぐると準備中。

アツシの釣り会160518.jpgのサムネイル画像

ページトップへ