院長ブログ

カバフグ釣行記Ⅰ-6

2014/11/28


カバフグは、23.24日久しぶりの釣り三昧をしてしまいました。
 23日は、カッちゃんのたってのお願いで、この連休しか年内休みが取れまいとのこと。 年内最後の釣りをどうしてもしたいと言うことで、渋々ながら中川のいつもの所へ釣行しました。
  昨晩長野で地震があったのでお魚ちゃんは口を使わないなと思いつつ、二人で4本ずつ竿を出し、待つことしばし。カッちゃんの竿がチリンチリンとお辞儀をする。上がってきたのは、25センチ前後のセイゴちゃんにご満悦のカッちゃん。暫くして、岸近くをやっていたカッちゃんの短竿に当たり。やはり竿先がちょこちょこ動くだけ。上がってきたのは、シャッカミ(尺上=30㎝オーバー)のヘラブナ。「ヘラブナもキジを食うンだぁー。」  カバフグはと言うと、時々いろいろな竿がチリンの一声はあるものの、糸にゴミが掛かりそれが糸から外れたときのような感じ。9時過ぎぐらいに遠投していた竿の竿ッ尻がカッ飛び上がった。さらにリールの巻き手がえらい活きよいで廻る廻る(リールのストップが壊れていたため)。慌てて竿を取ったときはすでにもう少しで糸が無くなるくらい。100メーター以上出た感じ。思いっきりあおり巻き続けるも時々当たりらしくは感じたが、「あら?すっぽ抜け・・・。」気を取り直しまた暫くじーーーと我慢の子。10時半を回った頃、コーナーで遠投してあった長竿がまたしても竿ッ尻がカッ飛び上がった。今度こそと大きく竿をあおり巻く。十数回巻いた頃いきなりプツン。仕掛けをぶっちぎられた。 竿ッ尻がカッ飛び上がるのは絶対5・60センチ以上はあると思う。南無三!! 結果は、カッちゃんが2匹。カバフグはオデコ。「今日のカバフグの釣りはこんなもんだ」と諦めた。
 さらに追い打ちを食らうがごとく毎回釣りの後、楽しみにしていたラーメン屋『嵐』が今月いっぱいで店じまいとのこと。釣れようが釣れまいがの釣りの後のお楽しみが一つ無くなった。こちらも残念。口に合ったラーメン屋を探さねば・・・。

 24日は、歯科医師会のミヤサマこと宮坂君と待望の鰺釣りに『中山丸』にいってきました。やーーーーぁ。おいちいお魚ちゃんの釣りは3ヶ月弱ぶり。こちらの方はさらっと書きます。
 大黒ふ頭の海釣り公園沖・本牧ふ頭の海釣り公園沖・たぶん本牧沖の工業地帯の工業桟橋の下の3カ所。ぽちぽち釣れて一荷も5回あり、棚に入れば入れ食いの時もあれば、暫く放置で乗ってくるときもあった。金魚サイズはほとんど無く、中鰺中心で、外道の石持ち君も13匹とツ抜け状態。金鰺混じりで鰺だけでトータル50匹ジャスト。ただ舷側でのポチャが20くらいあった。相棒のミヤサマもおかずにはちょうど良い数でほくほく顔。
 さすがに中鰺サイズ50匹は我々夫婦でこなしきれず、4軒にお裾分け。
 久しぶりに金鰺の刺身と石持ち君の刺身・鰺のたたき・塩焼きにしてウマウマしました。

ご満悦のカッちゃん141123.jpg

ハラパンのシャッカミのヘラブナを上げてご満悦のカッちゃん

釣り場の風景.jpg

足場の良い釣り場の風景。武蔵野線の鉄橋が見え、珍しくボートのフォアの練習もしていた。

カッちゃんの釣果141123.jpg

本日の(カッちゃん)釣果20㎝オーバーのセイゴと30㎝を楽々オーバーするヘラブナ

クーラーボックスの中.jpg

24日の鰺の釣果。鰺君はほとんどが、体高が有り丸々と太った金鰺君デーーース。顔つきの違う奴がイシモチ君です。

まな板の上で.jpg

当日夜食卓に上がった鰺君と石持ち君です。後グリルの中に塩焼き用に3匹入ってました。口の開いてる奴は、脳天締めして血抜きした鰺君です。

S.O.バッハの部屋Ⅰ-2

2014/11/27


診療所の待合室に少々早めですが、クリスマスツリーを飾りました。
  昼間と夜で、夜になると一層イルミネーションが鮮やかです。

クリスマスツリー昼バージョン.jpgのサムネイル画像

クリスマスツリーの昼バージョン

クリスマスツリー夜バージョン.jpgのサムネイル画像

変幻自在のイルミネーションの夜バージョン

S.O.バッハの部屋Ⅰ-1

2014/11/18


診療所の待合室の椅子と医局をリニューアルしました。
  待合室の椅子はほとんど開業当初から作り付けであったので28年弱使用してきたものです。又、医局のテーブルなどは30年弱の代物。
  待合室の椅子はちょっとリッチにゆったりと。医局の方は、おしゃれなカフェのようになりました。待合室リニューアル.jpg

待合室のリニューアル

医局リニューアル.jpg

医局もシャレ乙なカフェ風に、カバフグのテーブル周りもすっきりと・・・。

それにしてもおいしいお魚釣りに行きテーーーーーー!!!!

S.O.バッハの部屋⑳

2014/11/13


 カバフグは、12日に岡谷歯科医院の患者さんでもある足立区の住人の落語家「蝶花楼 馬楽師匠」の独演会で上野鈴本演芸場へ行ってきました。
 家の奥さんと学生時代からお世話になり、さらに放射線学教室で博士号を頂いたときに大変お世話になった日本歯科大学の放射線教室の代居 敬教授をお誘いし共にすでに10年来師匠の独演会に行ってます。
 今回は、師匠は、3題の噺をされました。最初は、昔のお相撲さんの噺『阿武松』
「おおのまつ」と読みます。二題目は、お楽しみの一席と言うことで、ご常連のリクエストで、『寝床』。3題目は、『禁酒番屋』。『寝床』は師匠のもので3回以上聞いたことがあり、最初と最後は、師匠にとっても初演とのことでした。さすがに師匠3題とも時事風刺も効いて心から笑えました。毎年楽しみにしている一つです。
 もし気が向いたら演芸場にも足を運んで下さい。
 以下何枚か写真をアップしておきます。もしかしたら診療所で同じ顔に出くわすかもしれませんよ。

馬楽師匠独演会141112.jpg

鈴本演芸場前の馬楽師匠の立て看板

馬楽師匠独演会案内141112.jpg

師匠独演会の案内と手ぬぐい

代居教授と馬楽師匠141112.jpg

代居教授と師匠

馬楽師匠とカバフグ141112.jpg

師匠とカバフグ

ページトップへ