院長ブログ

カバフグ釣行記Ⅰ-3

2014/08/11


カバフグは3日にかっちゃんと流山にエサ兼『西二まつり』用のポイ破りを取りに行ってきました。
 3日は朝からピーカン。9時過ぎで、すでに現地の気温は37.4℃ドッピャーーーの世界。カバフグの持っている時計は、プロトレックと言いってヨットマンや海釣り仕様の特別バージョンで、潮の状態(大潮・小潮や潮の上げ・下げ)や気圧の変化・方位・気温などが判る優れものでカバフグの宝物。
 かっちゃんは首の周りに保冷剤をタオルに入れて冷やしている。カバフグのスタイルはと言うと、完璧夏の釣りバージョン。麦わら帽に首にタオル・ノースリーブの吸水性の良いTシャツみたいなもの・短パン・素足にデッキシューズと言う出で立ち。デッキシューズを脱ぎ横に置いていたおかげで、足の甲から太ももの内側まで真っ赤っか。10時頃から撤収を始め10時半には完全撤収でもこのざまでした。
 今回はコマセを作らず四つ手もビンドウにもフナッコ・メダカ・クチボソ・ドジョウ・モエビ・オタマジャクシ等がそこそこ。サイズは少々アップはしたが、小さい。フナッコは大きいものでも4㎝前後。前年度までなら6月上旬のサイズ。
 ところが今回は、竿釣りでは、ほとんど入れ食い状態。カバフグがいろいろ準備をしていてまだ竿出していないのにすでにかっちゃんは二刀流で4匹とウヒャウヒャ言っている状態。ちょい投げの竿出している暇が無いとか。カバフグも負けずに二刀流で立ち向かう。一本は270㎝の竿で小鮒用の針で、キジエサ。こいつが馬鹿づれ。ほとんどがコイッコ。120㎝の短竿で、もう一本はタナゴ針で赤虫。こっちはクチボソ・モロコ・フナッコメイン。小鮒仕掛けに10㎝ぐらいのちび助と15㎝オーバーのナマズちゃんもつれた。
  かっちゃんもエサがかなりとれたと大喜び。今回は水槽に入れたので、それをアップします。左の隅で、こっちを向いているのが15㎝オーバーのナマズちゃん。その後ろの方にゴチャゴチャ居る状態です。
  それにしても烏賊ちゃん・鰺ちゃんたちはどうなっちゃってんの・・・。水槽ナマズ140811.jpg

ページトップへ