院長ブログ

カバフグ釣行記Ⅰ-2

2014/07/18


カバフグは6日にかっちゃんとこうちゃん(都立江北高校での一年下のかっちゃんと同級生)と流山にエサ取りに行ってきました。
 エサ取りというのは、かっちゃんは、前にも書いたと思いますが、1×1×1mの水槽の中に、60㎝オーバーと50㎝オーバーの大ナマズちゃんと60㎝オーバーのウナギちゃんと50㎝弱のセイゴちゃん数匹というフィッシュイーターを飼っているのです。こいつらの食欲ときたらとんでもなく、エサ取りに行けないときは、大枚をはたいてエサになる小魚を買っている始末。そこで小魚を捕りに行っているのです。
 本来ならゴールデンウィーク中には、ある程度捕れるのですが、今年は、海も川も2ヶ月遅れ。5月も6月もだめだった。西二まつりで使うぽい破りの確保のかねての釣行です。
 6日のみピーカン。前後の日は雷と降ると土砂降り。誰の行いが良いのかな?
 今回は四つ手もビンドウにもフナッコ・メダカ・クチボソ・ドジョウ・オタマジャクシ等がウジャウジャ。ただサイズがかなり小さい。フナッコは大きいものでも4㎝前後。前年度までなら5月頃のサイズ。
 竿釣りでは、カバフグが18匹・かっちゃんが9匹で残念ながらッ抜け出来ず・こうちゃんは4匹。でもかっちゃんのはほとんどがコイッコ、大きくても8㎝以下。
 今回特筆すべきは、オカメタナゴ(タイリクバラタナゴ)のつがいが入ったのと、こんな所にも居るのかというミズカマキリ。しまった写メしとくんだった。と言う訳で、インターネットで調べて見つけましたので、ちゃっかり掲載します。mizukamakiri.jpg

ページトップへ